1a.jpg
知的な障害があったり、身体の障害があったり、そんなみんなと一緒に過ごし、暮らしてきました。その我が家を建て替えることになって、いろいろ調べてみたら・・・!
「介護しやすい家」や、「支援のしやすい家」、そして「パリアフリーの家」ばかり。一緒に過ごしたり、一緒に暮らしたり、つまりは一緒に風呂に入って、一緒にご飯を食べて、一緒に眠って・・・、という家は、まるで想定されていないのです。
それなら、そんな家を建ててやれ、ということで我が家の建替えが始まりました。これは、その様子を同時進行でお見せするブログです。

家のコンセプトは、「介護でも支援でもなく、僕たち一緒に暮らそうの家」です。それはつまりありふれて、普通の、街にとけ込んだ一軒家。

障害を持つ人の暮らしを考えたときに、どうして普通の家は想定されていないんだろう。どうして普通の家族や同棲や「一緒に暮らそう」は想定されていないんだろう。
そんなことを考えながら、更新していきます。
どうぞお付き合いください。

2008年12月02日

こっち側は、基礎を深く

16.jpg

写真の左側。隣家の土地は、我が家の土地よりも低くなっています。そのため、塀に負担がかからないように、こっち側の基礎を深くしてもらいました。

前の記事から今日までに雨の日もあったのですが、工事の人たちには頑張ってもらっています。
くれぐれも、怪我などないように、よろしくお願いします!
posted by 五十嵐正人 at 00:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 うーむ、いつの間にか凄いことになっていたのですね。
 前の家も、その前の家も西山一家には懐かしい思い出がたくさん詰まっているのですが、新しい家も楽しみです。
 その出来上がりの過程が、こうして離れていてもこのようにブログで見られるというのも凄いことで、何だか自分の家のことのようにわくわくしてきます。

 ところで、このブログの上部、「知的な障害があったり、……」以下の文が後半、記事欄や右側の『三人暮らし』の本の後ろに隠れてしまっていて読めないのですが、これはうちの環境もしくはブラウザのせい?
 因みに、OSはWindows Vista、ブラウザはInternet Explorer 7、解像度は1024×768ピクセル、フォントサイズは中ですので、標準的な環境だと思うのですが……。
Posted by 西山正義 at 2008年12月04日 01:34
西山正義様

僕のパソコンではちゃんと見えているのですが、なんとなく多くのパソコンでは文字の大きさとか、おかしくなっているのではないかと内心思っていました。
とりあえず、記事の紹介文を左列(記事)の最上段に持って行ってみました。どんなもんでしょう。
他にも気がついたところがあったら教えてください。自分ではわからないので・・・。

家が完成したら、どうぞご一家で花見に来てください。小さな家ですが、もれなく裕子さんが一緒にお出迎えいたします。
Posted by 五十嵐正人 at 2008年12月04日 12:34
 最後まで読めるようになりました。
 可能なら、完成模型の写真の右側に、ブログ概要の文章が一部回り込んでいるとよいかなと思います。
 それから、これはテンプレートの設定なのかもしれませんが、文字の配置がセンター揃えになっているので、たとえば、6〜7行目、うちのパソコンでは、

緒にご飯を食べて、一緒に眠って・・・、という家は、まるで想定されていないので
す。

 と、(コメント欄では表現できませんが)、次の行にいく最後の「す。」だけが、ぽつんと真ん中にきています。
 設定を変えるのが難しければ、「。」ごとに改行してしまった方が見やすいかも。
Posted by 西山正義 at 2008年12月05日 00:17
さっきは、文章を左揃えにすることができなかったのですが、あらためてやったらできました。
センター揃えよりも良いですね。
しかし写真に回り込ませることができません。
うーん・・・・・。
Posted by 五十嵐正人 at 2008年12月05日 01:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110544684

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。