1a.jpg
知的な障害があったり、身体の障害があったり、そんなみんなと一緒に過ごし、暮らしてきました。その我が家を建て替えることになって、いろいろ調べてみたら・・・!
「介護しやすい家」や、「支援のしやすい家」、そして「パリアフリーの家」ばかり。一緒に過ごしたり、一緒に暮らしたり、つまりは一緒に風呂に入って、一緒にご飯を食べて、一緒に眠って・・・、という家は、まるで想定されていないのです。
それなら、そんな家を建ててやれ、ということで我が家の建替えが始まりました。これは、その様子を同時進行でお見せするブログです。

家のコンセプトは、「介護でも支援でもなく、僕たち一緒に暮らそうの家」です。それはつまりありふれて、普通の、街にとけ込んだ一軒家。

障害を持つ人の暮らしを考えたときに、どうして普通の家は想定されていないんだろう。どうして普通の家族や同棲や「一緒に暮らそう」は想定されていないんだろう。
そんなことを考えながら、更新していきます。
どうぞお付き合いください。

2009年03月12日

エアコンがいっぱい

いらっしゃる方たちの中には、体温調整が上手くできない人もいます。
時には、「室温を○○度でお願いします」とピンポイントで希望する人もいるので、部屋ごとに室温を変えなければならないことも度々。
そこで冷房と暖房は各部屋に必要になります。
ところが、その一方で、扇風機が回っていても、普通に掴もうとする人や、ストーブがついていても触ってしまう人もいます。
そこで、みんなが集うリビングにはホットカーペット。そして四畳半の部屋も含めて各部屋に、エアコンが合計5台設置されました。

57.jpg

電気代が怖いよー!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115509440

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。