1a.jpg
知的な障害があったり、身体の障害があったり、そんなみんなと一緒に過ごし、暮らしてきました。その我が家を建て替えることになって、いろいろ調べてみたら・・・!
「介護しやすい家」や、「支援のしやすい家」、そして「パリアフリーの家」ばかり。一緒に過ごしたり、一緒に暮らしたり、つまりは一緒に風呂に入って、一緒にご飯を食べて、一緒に眠って・・・、という家は、まるで想定されていないのです。
それなら、そんな家を建ててやれ、ということで我が家の建替えが始まりました。これは、その様子を同時進行でお見せするブログです。

家のコンセプトは、「介護でも支援でもなく、僕たち一緒に暮らそうの家」です。それはつまりありふれて、普通の、街にとけ込んだ一軒家。

障害を持つ人の暮らしを考えたときに、どうして普通の家は想定されていないんだろう。どうして普通の家族や同棲や「一緒に暮らそう」は想定されていないんだろう。
そんなことを考えながら、更新していきます。
どうぞお付き合いください。

2009年03月17日

火事の時には、すぐベランダへ

62.jpg

写真の正面と左の扉は、それぞれ生活ホームの二つの部屋への扉です。
万が一の火事の時には室内の階段からの外への避難だけではなく、このベランダにも避難できます。

最初の設計の時には、正面の扉はありませんでした。ベランダは洗濯物を干す場所くらいにしか考えていませんでした。
こんな感じです。
63.jpg

しかし、設計の櫻井さんが消防署に行くなどして、生活ホームとしてより安全な配慮を考えてくれました。
その中には、このベランダから下に降りられる外階段をつけるアイデァもあったのですが、最終的にはそれはやめにしました。
たしかに火事の時にはその方が安全なのでしょうが、逆に外階段があることで不審者や泥棒の類が侵入しやすくなるリスクが生じます。その時にベランダから侵入した部屋が知的な障害を持つ人の暮らす部屋だという危険・・・。
どちらか一方の危険への対応を捨てるという選択はできず、折衷案のような感じになりました。
つまり火事の時、火元によってはすぐベランダへ。でも不審者が侵入しないように外階段は作らない。と、いうわけです。
幸いなことに、すぐ近くに消防署があります。
そしてなによりも、火事を出さないことが大切です。
この記事へのコメント
避難のしやすさと、防犯の対策…
それを両立させるのは難しい事なんですね…
本当に勉強になります…
Posted by たかびごん at 2009年03月20日 11:38
消防が考える防火の安全と、警察が考える防犯の安全。その他にもいろいろな安全が別々に論ぜられているように思います。
これは無理に一つに合わせる必要はないと思うのですが、縦割り行政をやめて、一緒に考えることもした上での選択肢として、さまざまな安全を選べるようにしてほしいと思います。
そして福祉関係課とも話し合って、防火の安全や防災の安全が時として脅かす、人としての暮らしとのすり合わせも・・・。結論は出なくても、お互いが理解し合い、消防関係などの人たちにも障害を持つ人と、そうした人たちの地域生活を理解した上での防災を考えるようになってほしいものです。
Posted by 五十嵐正人 at 2009年03月21日 00:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。